俯瞰する手帳 SciKakuポケットプロジェクト2018

SciKaku(サイカク)


SciKaku ポケットプロジェクト 2018

特徴

●プロジェクト管理志向
 不定形業務でプロジェクト推進の裁量が任されている方や、プロジェクトが小規模でも複数の工程や案件を並列して推進される方で、複数タスクの長期の流れ・段取りを入念に管理したい場合にオススメします。

●月間レビュースタイル
 マンスリー式カレンダーとガントチャート&バーチカル式カレンダー1ヶ月分の見開きを横並びにレイアウトした複合方式を採用。月末には進捗状況などを振り返り記入するためのスペースを確保。

●ガント&バーチカル式
 蛇腹折り用紙の伸縮方向を時間軸にレイアウトしているため、時期の遠近・期間の長短ボリュームを俯瞰で直感的に把握できます。

●新感覚の閲覧スタイル
 (顧客の要望や所属組織の月次予定など)優先上位で決定される日程を仕分けを兼ねて一旦マンスリー式に書き留めておきます。マンスリー式頁を左横並びに確認しながら、自身の裁量で決定する日程や時間割をガント&バーチカルの書式に落とし込みます。蛇腹折りの特性を使えば、異なる月の頁横並びなども自在です。マンスリー式頁はプライベートのイベントを記入する使い分けも可能。

●紙幣サイズ
 ワイシャツの胸ポケット等でも携帯できることを重視した寸法設計で夏場の軽装時にも重宝します。男女共に取り扱い易いサイズ感です。

●本格的製本
 経本専門の製本職人の技能・ノウハウが活かされています。

●高品位の用紙銘柄
 格別に高い平滑性と薄くても強いコシを備えた特殊紙が心地良い筆記体験をもたらします。

使い方

●マンスリー式頁(左2頁)
 曜日依存の日程管理に便利なマンスリー式カレンダー(日曜始まり)を毎月初めに挿入。プロジェクト外のイベントの記入、照合等を素早く行えます。日付に依らない事項は余白欄に記入。

●ガント&バーチカル式頁(右6頁)
 上段では日をまたぐタスクを横軸で記入(ガントチャート)。下段では1日のタイムスケジュールを縦軸で記入(バーチカル式)。
 ※上下の段組みを無視した活用も自由です。

●月間レビュー欄(右6頁 月初・月末の余白)
 月初の余白は工程名や案件名などの記入、月末の余白は結果の振り返りや翌月への繰り越し課題の記入など月間の進捗報告などに活用。

●サブ目盛(右6頁 白抜き文字)
 一日のタイムスケジュール管理をより重視する際、サブの時間目盛を用いて頁全体をバーチカル式(タイムテーブル)として活用することも可能です。
SPT1_guidebook_R

仕様

品番
SPT1(02)
品名
SciKaku ポケット プロジェクト 2018
14ヶ月(2017.12~2019.1)蛇腹折り120面(両面刷)
カレンダー
14ヶ月(表面2017.12~2018.6、裏面2018.7〜2019.1)
(年間カレンダー 表面2017.7〜2019.6、裏面2018.1〜2019.12)
頁数
蛇腹折り120頁(表面60頁、裏面60頁)
頁レイアウト
年間カレンダー 1頁/片面、
[ マンスリー式 (2頁/月) +ガントチャート&バーチカル式 (6頁/月) ] ×7ヶ月/片面
印刷色
2色(特色インク:赤、グレー)
用紙
特殊紙 127.9g/㎡ 薄いクリーム色
寸法
W76・H174・D10(折畳み時の最大値)
質量
約101g
備考
専用ブックカバーは別売